• ようこそゲストさん!

mouthbirdさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2008年
04月05日
18:14 mouthbirdさん

later と afterの使い方…「30年後についてどう思いますか?」

「30年後についてどう思いますか?」



これを「later か after を使って英語で表現する方法」を考えましょう。皆さんできますか?



元ネタはYoshimiさんの日記です。alansmitheeさんから、Yoshimiさんのこの日記に関する質問があり、それの返事がこの日記になっています。



※以下は、文法的な説明が、長々と続きます。

文法なんか考えたくない! という人は以下の7行だけ見てください。



○が自然、△はやや不自然、×は間違い



○How about 30 years later? (30年後についてどう思いますか?)

×How about later 30 years ?

○How about in 30 years? (30年後についてどう思いますか?)

×How about after 30 years?

△How about 30 years after?

○How about 30 years after the event? (そのイベントの30年後であればどう思いますか?)






はい! ここからは8行目なので、文法のお勉強になります。文法を学びたい人だけ読みましょう。

なぜ上記のようになるのかを、ご一緒に学びましょう。



長文ですぜ~お客さん!

Ψ(`∀´)Ψ

まず、「how about ~」のお勉強です

●「how about ~」で 「~はいかがですか?」「~についてどう思いますか?」

という意味があります。



通常は「how about ~」の「~」には名詞が来ます。

例文

How about Japanese food for lunch?

(お昼に日本食についてどう思いますか?/ お昼に日本食はいかがですか?)



また「how about ~」の「~」には、【意味をくみとって】「副詞(句)」を置くことも出来ます。

例文

How about by tomorrow? (明日までではどうですか?)

 [by tomorrow(明日まで)]←これが副詞句です。



「副詞句についての説明」は今回は詳しくはやりません。簡単に言うと↓こうなります。



「動詞を含まない数語の単語のかたまりで意味を持つもの」(例 [by tomorrow])を「句」と言います。

その「句」が文法上「副詞の役割をしている」場合、それを「副詞句」と呼びます.。

今回の例文で言えば↓[ ]で囲まれたオレンジの部分は、全て副詞句です。



○How about [30 years later]? (30年後についてどう思いますか?)

×How about [later 30 years] ?

○How about [in 30 years]? (30年後についてどう思いますか?)

×How about [after 30 years]?

△How about [30 years after]?

○How about [30 years after the event]? (そのイベントの30年後であればどう思いますか?)



つまり、全部 How about + [副詞句] になっています。



「であるなら、全部○だろう」とお考えの方も多い」と思います。ですがそうは簡単には行かないのです。

それとは別に、「later と after にそれぞれ使い方にルールがある」からです。



later の学習



・ (のちに)という意味の later は基本的に「副詞です。副詞の later には、普通の副詞にはない特殊な使い方「も」あります



(1)later(のちに) が【普通】の副詞として使われている用例。

  This man later became a great leader. (この男はのちに偉大な指導者になった)

この例文の「副詞 later 」は、ごく普通に「動詞 became」を修飾しています。

 later(のちに)⇒bacame(なった) … という具合です。



(2)laterのちに) の特殊な用例

  He died a few years later. (数年、彼は死んだ)

 later を「期間」の後ろに置くことで

  つまり

 [「期間」+ later]

  というかたまり(つまり「句」)を作ることで、

 <期間のちに>…という意味を作ります。

  また、このかたまり、つまり[期間」+ later]は副詞句です。



(2)’※似たような使い方をする単語に agoまえに)があります。

  He died a few years ago. (数年、彼は死んだ)

 ago を「期間」の後ろに置くことで

  つまり

 [「期間」+ ago ]

  というかたまり(つまり「句」)を作ることで、

 <期間まえに>…という意味を作ります。

  また、このかたまり、つまり[期間」+ ago ]は副詞句です。



●(2)と(2)’の比較

  He died a few years later. (数年、彼は死んだ)

   ⇒(何か既に話題があり、その話題を基準にしてその基準の「数年」彼は死んだ)

  He died a few years ago. (数年、彼は死んだ)

   ⇒(今が基準で、から「数年」彼は死んだ)

  となります。



★later a few years は可能か?

 (答え)不可能です。

  ○ a few years ago

  × ago a few years

   …であるのは分かりますよね。それと同じように、

  ○ a few years later

  × later a few years

   …となるのです。



ここまでで、なぜ

○How about 30 years later? (30年後についてどう思いますか?)

×How about later 30 years ?

であることが分かった
と思います。



after の学習(その1)

・ <span class="warning">after は「前置詞」です。(接続詞もありますが、今回の質問とは関係がないので省略します)



(3)前置詞は、【前置詞+名詞】と使うため、当然

  <after + 期間>と使います。

 ○ He came back after a week. (彼はその1週間後に帰ってきた)



(3)’【前置詞】 after を「のちに」という意味で使う場合注意があります。

  発話時点(つまり現在)を基点として未来を考えるときは

  ○ in +期間

  × after +期間

  という具合に使います。

○ I'll see you in two hours. (2時間後に会いましょう)

× I'll see you after two hours.



(3)’’ 過去が基点になっていれば after を使います。

 ○ He came back after a week. (彼はその1週間後に帰ってきた)



したがって

○How about in 30 years? (30年後についてどう思いますか?)

×How about after 30 years?


となります。



after の学習(その2)

・after は「副詞」の用法もあります。しかし、若干不自然に感じられるようです。



(4)after を副詞で使う場合「later と同じ感じ」で使う。

  ただし! after を副詞で使う場合は、laterに比べて若干不自然だそうです。

  つまり

○He died a few years later.(数年後、彼は死んだ)

△He died a few years after.(数年後、彼は死んだ)

となります。

※補足・このように「after を later と同じような位置で使う用法」は辞書にも正用法と載っている。また「この用法を正しいとした(大学入試の)文法問題」を私は見たことがある。ただし、当時これをあるネイティブスピーカーに聞いたところ「少し不自然である」という返事をもらった。当時のネイティブの返事は「after の右に何かがないと変だ」というものであった。

 つまり

△He died a few years after.(数年後、彼は死んだ)

○He died a few years after the event.(そのイベントの数年後、彼は死んだ)

という具合です。

 要するに、after は(later と違い)、「何か基準」が明示されていないと不自然なのです。

 after の右に「基準」、つまり 「after +何か」という具合に、【基準を明確に】したほうが自然なのです。



したがって

△How about 30 years after?

○How about 30 years after the event? (そのイベントの30年後であればどう思いますか?)


となります。



全体で



○How about 30 years later? (30年後についてどう思いますか?)

×How about later 30 years ?

○How about in 30 years? (30年後についてどう思いますか?)

×How about after 30 years?

△How about 30 years after?

○How about 30 years after the event? (そのイベントの30年後であればどう思いますか?)



となります。



以上です。

さ~て、何人の人が全部読んでくださったのかな?

  • 総アクセス数(36,381)
  • 拍手拍手(0)
  • お気に入りお気に入り(0)

コメント

前を表示

13番~32番を表示

2008年
04月06日
02:47
さん

13:

Comtan のコメント:
mouthbird先生、色んなことがクリアになってきてとてもうれしいです。

どうもありがとうございました。

2008年
04月06日
02:48
mouthbirdさん

>murajanさん

"The Day After”は私も見ました。

もちろん、"the day after nuclear war"でないと、本来は、「『核戦争』後」にならないわけです。

ですが、「nuclear war」を書くと生々しい? ないほうがカッコイイ? といった理由で省略されれたのだと思います。

ですから、"The Day After”の after は立派な前置詞なんです。(単に後ろが省略されているだけ)

なお

  ・the day after の" the day" は "30 years"のような「期間」でないですね。

 だから、「The Day After」の意味は 「その日の後」ではありません。

    ⇒after を前置詞扱いにし、

     ⇒⇒「(核戦争)の後の日」という意味になります。

  ・一方、30 years after の"30 years"は「期間」なのです。

 だから「30 years after」の意味は

    ⇒after を副詞扱いにし、

     ⇒⇒「30年後」となります。



>「まぁ、こういう用法もあるってことなんだ」と、あまり深く考えずに覚えたものでした。



いいんじゃないでしょうか? 本人にとって意味が分かれば、前置詞だの副詞だのと、深くは考える必要はないと私は思います。

2008年
04月06日
02:55
mouthbirdさん

>savana.riceさん

とんでもないです。文法的な質問は、私にとってはいわば「えさ」です。喜んでむしゃむしゃ食べます(満腹か病気で食欲不振なければ)

よろしければ今後もどうぞご質問をよろしくお願いいたします。

m(_ _)m



>Contanさん

とんでもないです。(^^)

2008年
04月06日
03:48
alansmitheeさん

お知らせありがとうございました!

日記感動です<(_ _)>

おっしゃる通り単純ではないですね。

こう考えると「later か after」日本語にすると同じ言葉で表現できるけれど、同じ意味なのにどう違うのかと考えるより、違うものとして認識して表現して言ったほうが、理解するには早いような気がしました。

何度も文章なんかを作って慣れないと、とっさには使え分けられないです。

どの国の言葉でもそうでしょうが、ネイティブって不思議。。。だってホントはこんなに奥があるのに、さらっと使っちゃうんですから。。。

2008年
04月06日
04:27
mouthbirdさん

>alansmitheeさん

お待ちしてました。お待たせしました。

日本人が このような問題(later と after)で混乱するのは、日本語だと共に「のちに」という意味になってしまうからだと思います。

ネイティブは最初から違う単語として使っているわけですから、普通は間違えないと思います。

つまり

日本人には同じに見え(「のちに」だから)

英米人には違って見える(「later」と「after」だから)

という具合です。

英語を学ぶ姿勢としては、later の使い方と after の使い方 の2種類をそれぞれ別個に学ぶ、という具合でなければならないのではないでしょうか?

とてもいい素材の紹介、ありがとうございました。m(_ _)m

2008年
04月06日
04:55
alansmitheeさん

お待たせしました<(_ _)>(^.^)v



うんん、どうしても入り口は、日本語に訳すことから始まる私としては、「日本人には同じに見え」「英米人には違って見える」は、混乱のもとですね。

こう言うのを聞くと、英英辞典の必要性とかって感じますね(苦手で使ってないんですけど)

こちらこそ、ホントありがとうございました <(_ _)>

2008年
04月06日
06:53
さん

19:

naokong のコメント:
お久しぶりです~(^-^)/ すごく勉強になりました!
最後までなんとか読破しました・・ 副詞と前置詞しっかり覚えます~

2008年
04月06日
07:58
さん

20:

Marple のコメント:
laterとafterについて詳しくご説明ありがとうごさいます。

簡単そうな言葉ですが、結構奥が深いんですね。

2008年
04月06日
09:15
mouthbirdさん

>naokongさん

やや! ご無沙汰です。

読んでみてどうでしたか、理解されてればいいなあと思います。

ところで日記マダア~^^;



>savana.riceさん

ふむふむ。

"soon after"や"just after" と "30 years after"は近い使われ方かもしれませんね。 30 years が副詞的に after を修飾していると。

そうですね。時を表す名詞は、前置詞をつけずに副詞的に使いますね。 these day とか one day とか、last year とか…

それに近いかもしれません。わざわざ報告ありがとうございました。



>Marpleさん

興味を持っていただいて嬉しく思います。文法に興味を持たない人はとことんまで持ちませんからね~彼、彼女にとってはこんなにコメントがつくこと自体が謎だと思いますw。

今回、later に関しては詳細を記した本が意外に少ないことが分かり、自分でもびっくりしました。Marpleさんも文法的なことで何か疑問を持たれましたら、ご連絡くださいね(^^)

2008年
04月06日
19:30
さん

22:

akaka のコメント:
こんばんわ(おはようございます??)。

読みきりましたよ。長文☆彡
ある程度理解できたと思います(おそらくですが...)。

今日から英語例文などで「after」、「later」を見た時にはこの日記を思い出して、
「こういう使い方なんだな」と理解を深めていきたいと思いますwww

いつも通りの的確な解説ありがとうございます。
(ツ _ _)ツ

2008年
04月06日
22:03
mouthbirdさん

>akakaさん

読みきってくださりありがとうございます。

・later は late の比較級としての働きもあります。

・after は接続詞もあります。

以上の2つについては今回解説していません。出くわしたときはそれにもご注意ください。

お役に立てば嬉しいです。(^^)

2008年
04月06日
22:55
さん

24:

StPaul のコメント:
Dear iKnow friends talking about ' later and after. '



I'm wondering whether you have read communications between Hasegawa san and myself.



Have nice day.



St. Paul



2008/04/04 19:46



Dear Hasegawa san,



30 years later は30年後だよね。この場合 later は30年が xxx として、xxx の後、だよね。



もし、30 years after と言った場合、厳密には "30 years afterほにょほにょ" になります。



You mean something like " Thirty (30) years after I joined this company, I became president " ?



later は”なになにの後に”で、after は"ほにょほにょの後のなになに"って感じです。



If you could write sentences, we would understand your explanation easier, Hasegawa san.



Have a nice day.



St. Paul







編集

Dear Hasegawa san,



30 years later は30年後だよね。この場合 later は30年が xxx として、xxx の後、だよね。



もし、30 years after と言った場合、厳密には "30 years afterほにょほにょ" になります。



You mean something like " Thirty (30) years after I joined this company, I became president " ?



later は”なになにの後に”で、after は"ほにょほにょの後のなになに"って感じです。



If you could write sentences, we would understand your explanation easier, Hasegawa san.



Have a nice day.



St. Paul







保存 キャンセル





オフライン

mhasegawa



2008/04/05 08:39



We went to the coffee shop, 2 hours later.

We went to the coffee shop, 2 hours after dinner.



1 year later, he married his girlfriend.

1 year after meeting her, he married his girlfriend.



と言う感じ。







オンライン

StPaul



474

学習中アイテム: 474



学習完了アイテム: 0

2008/04/05 09:04



Dear Hasegawa san,

Thank you for the examples.

I feel a kind of ceiling as a non native speaker.

I will never give up and keep studyign here with my friends.



Thank you again and have a nice day, Hasegawa san.



St. Paul





編集

2008年
04月07日
10:38
mouthbirdさん

>St.Paulさん

そうですね。もちろん読ませていただいております。

△How about 30 years after?

○How about 30 years after the event? (そのイベントの30年後であればどう思いますか?)

のことですよね。



私としてはそれのみならず after のこういった使い方

○How about in 30 years? (30年後についてどう思いますか?)

×How about after 30 years? <基準が現在だとダメ>

○ He came back after a week. (彼はその1週間後に帰ってきた)<基準が過去ならOK>



といったことをどうしても紹介したかったのです。m(_ _)m

2008年
04月07日
10:52
さん

26:

StPaul のコメント:
Dear Mr. Mouthbird san,



I thank you for your very first message addressed to me.

Mr. Hasegawa Cereg V.P. is also involved in this discussion so I expected your kind explanaton both in English and Japanese because as you have noticed I have been using only English to make this wonderful site more informative.



Good night.

St. Paul

2008年
04月13日
05:50
さん

27:

haru46 のコメント:
こんばんは、はじめまして。



ついつい、最後まで面白く読ませていただきました。



あまりにlater,afterの使い方はあまりに自然に使っているので、深く考えたことがなかったです。



はるか昔の高校生に帰った気分でした。


2008年
04月13日
05:58
mouthbirdさん

>haru46さん

こちらこそはじめまして。

すみません、私は文法オタクなもので、どうしても気になってしまうのです。

(気になるなと言われても無理なのですw)

面白く感じでくださってありがとうございました!

m(_ _)m

2008年
04月17日
15:43
さん

29:

CorkScrew720 のコメント:
はじめまして。
いつも興味深く日記を読ませて頂いています。

一度読んで解った気になって、後から思い返すとやっぱり解らなくなってしまい、何度も何度も読んでしまいます(笑)

こういうロジックは個人的に大好きです。
文章が長ければ長い程強く印象に残り、文法知識の記憶定着率が上がります(笑)ので、大変だとは思いますが、またいいネタがあればこってりと紹介して下さい。

2008年
04月26日
12:44
mouthbirdさん

>CorkScrew720さん

Σ( ̄□ ̄)! ごめんなさい!

なぜかこのコメントに今まで気がつきませんでした。申し訳ないです。

この話の続きを、今日の日記で書く予定なので、そちらもご確認いただければと思います。

m(_ _)m

2008年
08月19日
09:41
さん

31:

アンケートみたいな質問ですが、よろしいでしょうか。



http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/grammar...

によると、

"If we are referring to a past time situation, in an hour means within the hour"

なんだそうです。一般的に言って日本の英語教育でも同じように教えているのですか?

2008年
08月19日
11:41
mouthbirdさん

>ArtSaltさん

少なくとも、私は日本の英語教育では、



“If we are referring to a past time situation, in an hour means within the hour”



と習いました。

未来時制ならば一時間後と習いました。ご参考に。

前を表示

13番~32番を表示