• ようこそゲストさん!

たっつんさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2015年
09月12日
20:56 たっつんさん

アメリカ南西部の再生水技術がすごい

アメリカ南西部の再生水技術がすごい

 技術はついにここまで来た。
 アメリカ南西部にあるカリフォルニアなどの都市は、慢性的な水資源の枯渇に苦しんでいます。
 ですが、すぐれた技術がその問題を解決に近づけそうです。

 その技術はなんと下水 sewage を飲み水 tap water にしてしまう、というものです。

http://globe.asahi.com/feature/article/2015090300006.html

 ホーキング博士が、次の発明が人類最大で最後の発明になるだろう、と発言していますが、おそらくこれがその発明になるのではないでしょうか。笑


 テキサス州ウィチタフォールズ市にある施設は、もはや下水施設ではなく、再生水事業施設だ、ということです。彼らも下水施設と呼ばれることを望んでいないとか。

 これは東レなどの企業も、海水淡水化事業等で世界最先端技術だ、とあぐらをかいているわけにはいかなくなってきました。

 やはり人間、追い込まれるとやる、ということですね。

  • 総アクセス数(2,191)
  • 拍手拍手(2)
  • お気に入りお気に入り(0)

コメント

1番~2番を表示

2015年
09月13日
14:46
aki.akiさん

すごいですねえ・・。

ちなみに、多摩川では、上流に下水処理場があって、その下流で水道の水を取っているところがあるとか・・。

2015年
09月16日
00:28
たっつんさん

>>1 aki.akiさん

>上流に下水処理場があって、その下流で水道の水を取っているところがあるとか・・。

それも、なんかアメリカの大学で名誉教授の日本人先生が言ってましたよ。事例は淀川らしいですが。
 そしてこのシステムに評価コメントを寄せているのが、その先生なんですけど、こんなところにも日本人ってのが誇らしいじゃないですか。北海道大学出て、カリフォルニア大学バークレー校出て、ミシガン大出てって、どんだけ勉強好きなんだよ、っていうくらいの勉強バカですね、この先生。

 アメリカの大学では博士課程は研究職で有給だそうですね。

http://scienceportal.jst.go.jp/columns/interview/20130806...

1番~2番を表示