• ようこそゲストさん!

mouthbirdさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2017年
08月07日
21:59 mouthbirdさん

完了形を学ぼう!(2)

では2回目。今回は

(2)日本語に完了形に当たるものがない
(3)耳タイプの人は音声(聞き覚え)で判断しているせい(特に過去完了が正解に思えない)

この2つについてお話します。

(2)日本語に完了形に当たるものがない

今回はごく軽い一部の紹介です。私が毎回引き合いに出している例で恐縮ですが、次の2例を御覧ください。
 a. He went to Osaka.
 b. He has gone to Osaka.

2つとも日本語で訳例を考えてみましょう。
 a. 彼は大阪に行った
 b. 彼は大阪に行った
と、まったく同じでも間違いではありません。ところが、b. は「彼は大阪に行っている」としてもいいのです。なぜそんなことが起こるのか?

 完了形のほうは複雑なのです。実は

 a. He went to Osaka. 彼は大阪に行った…これは「彼が10年前に大阪に行った話」でも使える。10年前の話なので、【彼は今ここにいても何らおかしくはない】
 b. He has gone to Osaka. 彼は大阪に行った…こっちは「彼は今さっき大阪に向けて出発して、とにかく【彼は今はここにはいない/彼がここにいたらおかしい】

 という意味合いなのです。日本語の場合、こういう状況を「パチッと表現する言い方」がないのです。ところが英語にはそれがあるのです。現在完了形を使うのです。
 
 このように「完了形には、日本語にはないけれども、英語では完了形でパチッと出せる意味合いがある」のです。こうした「日本語にはない表現」を完了形は持ち合わせています。こういうところにも完了形を難しく感じさせている一因があると思います。

====

(3)耳タイプの人は音声(聞き覚え)で判断しているせい(特に過去完了が正解に思えない)

完了形が苦手な人は、↓こういう問題を良く間違えます。
 問題:次の(   )に入る適切な単語を選びなさい。
 Someone(   )already bought it by the time I went back to the store.
  a.have b.had c.has D.will have

この答えはb.had なのですが、「b.だけはなさそう」と感じる英語が得意な人は実は大勢います。
長年謎だったのですが、最近その謎は解けました。

 彼らは「音声(聞き覚え)で判断している」から

だったのです。
 実は、過去完了形という時制の英文は、他の時制の表現に比べて、圧倒的に使用頻度が低いのです。つまり

「過去完了時制の英文に触れた経験が少ない」のです。

英語が得意な人(特に耳タイプ)は「聞き覚えで判断する」ことが多いのです。
彼らは例えば
 Someone had already bought… 、Someone had already bought… うーん、なんか響きが変! だからこれは不正解だろう!
 Someone has already bought… 、Someone has already bought… うん! こっちのほうが聞き覚えがある! 響きがいい! だからこれが正解だろう!
という具合に判断し、has あたりを正解として選ぶ英語が【得意】な人がたくさんいらっしゃるのです。

 詳しくは後々やりますが、これは had が正解。hasは×。 得意な人が聞き覚えが少ないと思われる「had」しかこの場合は正解にならないのです。


===============

以上、前フリでした。

この続きは来週は月曜日の予定です。
今週は金曜日はいつものニコ生英文法講義がお休みです。(再来週はあります)


(↓目次はこちら)
目次ページへ
  • 総アクセス数(77)
  • 拍手拍手(0)
  • お気に入りお気に入り(0)

コメント

1番~4番を表示

2017年
08月16日
16:46
BlauerHimmelさん

have been to と have gone to の違い(行ったことがある、行ってしまった)
have been to ~ の意味と例文
have been to ~ は「~に行ったことがある」という経験を表す現在完了形です。
I have been to London to watch a soccer game. (私はサッカーを観にロンドンに行ったことがある。)
have gone to ~ の意味と例文
have gone to ~ は「~に行ったままである」という結果を表す現在完了形です。
My uncle has gone to Tokyo yesterday.(私のおじは昨日東京に行きました。)
最近、アメリカでは have gone to を「経験」の意味で使う例が見られます。ただ、前後関係から明白に「結果」ではないことがわかる場合であることが多く、みだりに使うと誤解をまねく表現となるので、上記の用法を守るのがベターといえるでしょう。


太字のような言い方もあります。(使わない方がいいですよ)という注意が、良心的ですね。

「アメリカでは have gone to を「経験」の意味で使う例」の訳文は、「行ったことがある」という訳になるはずですが、この参考書は、無視していますね。

2017年
08月16日
22:45
mouthbirdさん

>>1 BlauerHimmelさん
>※最近、アメリカでは have gone to を「経験」の意味で使う例が見られます。
それは知らなかったです。ご教授ありがとうございます。結果であることが多いと聞いてホッとしています。

2017年
08月18日
01:37
エリオットさん

完了形に限らず、時制そのものが難しいですね。深く考えれば考えるほど、哲学の問題に直面しているかのような気持ちになります。

a. He went to Osaka.
b. He has gone to Osaka.

aは過去形ですね。過去の事実を単に述べているだけで現在と切り離されています。過去形の例文を示す場合、私は必ず明らかに過去を表す副詞(句・節)を加えるようにしています。そのほうが指導がしやすいし、過去形の場合は「いつ」がポイントだと考えているからです。

bはいわゆる「結果」用法でしょうか。以前は「完了」「結果」「経験」「継続」と4つの用法に分けていましたが、今は「完了」と「結果」を1つにまとめて「完了・結果」にしている参考書が多くなってきました。物事が完了したら必ずその結果が出てくるわけですから、1つにまとめるのも理にかなっているような気がします。従って、have gone to~は「行ってしまった→今ここにいない」という流れになりますね。

have been to~は「~へ行ったことがある」(経験)と{~へ行ってきたところだ」(完了)の2つの意味があります。どれもbeenという過去分詞を使っていますが、これはreturn、つまり戻ってきているという前提で使っています。そう考えると、have gone to~との違いがよく理解できます。「~へ行ってしまった」はまだreturnしていないわけですから、goneを使うわけです。Geoffrey LeechはAn A-Z of English Grammar and Usageという著書で、goの過去分詞をgone、beenと表記しています。

またコメントさせていただきます。

2017年
08月18日
19:21
mouthbirdさん

>>3 エリオットさん

不思議なことに私は「過去形と完了形に関して」実はあまり難しい印象がないのです。

a. He went to Osaka
went という過去形がある段階で

↑この画像が思い浮かびます。点が「現在」とは切り離なされているので、「現在とは関係ない」ように見えるのです。今とは関係がないので、今彼がここにいてもなんらおかしくないように思えるのです。

b. He has gone to Osaka.
has been という現在完了形がある段階で

↑この画像が思い浮かびます。点が「現在」とは切り離なされていないので、「現在とは関係ある」ように見えるのです。したがってこっちは「彼は大阪に行っていて、今はここにいない」に思えてしまうのです。

ただ、
have been to と have gone to の区別は一瞬難しく感じます。通常は have been to は経験で、 have gone to が完了・結果になってしまうのが一瞬反応できないですね。

またコメントをお待ちしています。

1番~4番を表示