• ようこそゲストさん!

mouthbirdさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2018年
06月25日
02:42 mouthbirdさん

「~」の効用(2)

では前回の続きです。
まず前回の確認。

・go の意味は   ⇒〇「行く」 ×「へ行く」
・visit の意味は ⇒×「訪問する」 〇「を訪問する」

意味に「」がない動詞を自動詞
意味に「」がある動詞を他動詞

 と言う。


いきなりだが、ここで問題。

問題 下の英文は正しいか?

1・I went Kyoto.
2・I visited Kyoto.

正解は
1×
2〇
である。

解説
1went は go の過去形。したがって意味は「行った」である。(「~へ行った」ではない)
これに基づいて、I went Kyoto. の意味を作ると
 ⇒「私は京都行った」になってしまう。このままなら間違いだ。
 正しくは「私は京都行った」にしなければならないだろう。
 この場合、to をつけて
 ⇒ I went to Kyoto. としなければならない。
 なお 前置詞「to」の意味は「~へ」である。だから I went to Kyoto.の意味は「私は京都へ行った」となるのである。

2visited は visit の過去形。したがって意味は「~を訪問した」である。(「訪問した」ではない)
これに基づいて、I visited Kyoto. の意味を作ると
 ⇒「私は京都訪問した」になる。正しい。
 この場合、to をつけて
 ⇒ I visited to Kyoto. としたら
  意味は「私は京都訪問した」
 になってしまうだろう。だから間違いなのである。

=========

では、次の問題を解いてほしい。

問題 下の英文は正しいか?
 I married with Midori.

正解は … 間違い である。
解説
2married は marry の過去形。marry は「~と結婚する」という意味である。「結婚する」ではない。
したがって married の意味は「~と結婚した」である。(「結婚した」ではない)
これに基づいて、I married with Midori. の意味を作ると
 ⇒「私はみどり結婚した」になってしまう。
  だから間違いなのである。

正しくは with を取っ払って
 I married Midori.
としなければならない。


この問題は「自動詞他動詞の違いで答えが導ける単純な正誤問題」であった。
この知識だけでも、あなたの英文構成力はかなり改善されると思います。

 金曜日の夜11時からはいつものニコ生英文法講義です。次回は来週の月曜日です。

(↓Q-Eng連載分の目次はこちら)
目次ページへ
(アルク連載分の目次はこちら
  • 総アクセス数(246)
  • 拍手拍手(0)
  • お気に入りお気に入り(0)

コメント

1番~5番を表示

2018年
06月25日
08:54
neginohanaさん

厄介なのは、同じ動詞が自動詞になったり他動詞になったりする場合があることですよね。
次回はそれでしょうか?

2018年
06月25日
19:23
aki.akiさん

動詞 to の時は、自動詞ですよね。
動詞 ~ing の時は、他動詞ですよね・・。

このこれもわからなくて、TOEICでは、何時も点を落としているような気がします。

2018年
06月25日
22:36
mouthbirdさん

>>1 neginohanaさん
なるほど、自動詞になったり、他動詞になったりするのは厄介ですね。
でも今回はそういう話はない予定です。でもいつかそいう話題を取り上げたいですね。


>>2 aki.akiさん
>動詞 to の時は、自動詞ですよね。
>動詞 ~ing の時は、他動詞ですよね・・
? ごめんなさい。意味が分かりません。
<例えば>
I like to play shogi. なら、like は他動詞です。
I went shopping. ならば went(go)は自動詞です。
 こういう意味じゃないのかな?

2018年
06月26日
11:56
miyunoさん

こんにちは。自動詞と他動詞、本当にやっかいです。日本人にはない感覚だからそのつど例文を覚えていくしかないんでしょうか? よく出るdiscuss とか厄介者です。

2018年
06月26日
13:22
mouthbirdさん

>>4 miyunoさん
こんにちはです。
例文で覚えられれば、それにこしたことはないですね。
でも例えば、私は例文で覚えていないのです。discuss は「議論する」ではなく「~を議論する」と覚えているのです。だから、discuss about ~ なんて私は絶対やらないのです。

1番~5番を表示