• ようこそゲストさん!

mouthbirdさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2008年
04月15日
01:05 mouthbirdさん

Do you know Ieyasu Tokugawa? は間違った英語である!

(1)Do you know Ieyasu Tokugawa?
(2)Do you know Kyoto?





みなさんはこの2つ英文をどのように感じるでしょうか?

私も昨日までは「はあ? 別に普通じゃんか。どこか変なの?」と思っていました。
しかし、これはネイティブの視点では「ものすごく変な英文」らしいのです。特に(1)は!




この2つの英文は「ここがおかしい 日本人の英文法」(T.Dミントン著 安武内ひろし訳)の中で取り上げられている文です。
この本によれば
(1)は完全におかしく、(2)はもし京都に行ったことがないならおかしい
らしいです。 なぜだか解りますか?




実は
●[know + 人名] の場合、その人に会ったことがなければおかしい
らしいのです。 会ったことがあったとしても、その人のことを詳しく知っていないとおかしいらしいのです。
Do you know Ieyasu Tokugawa?
であれば、「徳川家康に会ったことがある」などありえないので、この使い方はおかしい、ということになるようです。
同様に
●[know + 場所名]も、そこに行ったことがなければ変
らしいのです。
さらにその土地について詳しくなければ使えない表現らしいのです。




説明には↓こういう記述があります。

漱石の『坊っちゃん』やシェークスピアの『マクベス』を know していると言うためには、それらの作品を読んだことがあり、少なくともそのあらすじを思い出せることが必要です。同じくニカイア信条や掛け算の九九を know していると言うためには、それをすらすら言えなければなりません。




もし、あなた(日本人)が、
ネイティブに"Do you know Ieyasu Tokugawa?"と尋ねた場合、
ネイティブは↓こういう返事をしそうである、とこの著書では述べられています。




No, of course not ; he's been dead for nearly 400 years! (いいや、もちろん知らないよ。だって、彼は400年近く前に死んでいるんだから!)




でも、日本人が↑こういう返事を聞いたら、普通は「???」となるのではないでしょうか?

日本に住む多くのネイティブスピーカーは、このことを知っているらしいです。




だから!
もし日本人から "Do you know Ieyasu Tokugawa?"と日本に住むネイティブスピーカーが聞かれたら、
彼/彼女は(めんどくさいから)"Yes"と答えるケースが多いらしいのです。







ここでクイズ! 次の日本語に該当する英文は(1)(2)のどちらでしょうか?




●「私は祖父(故人)をかすかに(今でも/今現在)覚えている」




(1)I barely know my grandfather.
(2)I barely knew my grandfather.




いかがでしょうか?
(今現在)なんだから、(1)だろう」、と思う方が多いと思います。




ですが(1)は間違い。(2)が正解




故人であると、もはや know(現在形)は使えないのです。
だから、
“Do you know Ieyasu Tokugawa?”はものすごくおかしいわけです。




もし会ったことがある場合、↓knew(過去形)であれば使えるのです。
I barely knew my grandfather.
以前は会ったことがあれば、「かつではknow であった」わけです。だから、その時制を過去(knew)にしたわけです。




逆に
I barely knew my grandfather.の意味は




× 私は祖父をかすかに知っていた
私は祖父をかすかに覚えている

となるわけです。難しいと思いませんか?







では、日本語の「徳川家康を知っていますか?」をどうにか英語で言いましょう。
どう言えば良いかというと、著者によれば




Have you (ever) heard of Ieyasu Tokugawa?
Do you know the name Ieyasu Tokugawa?
Does (the name) Ieyasu Tokugawa mean anything to you?
Do you know of Ieyasu Tokugawa?





などが考えられるそうです。最後の一つは、著者には古めかしい表現に感じられるそうです。




というわけで、know という単語は色々奥深いです。
ご参考に。m(_ _)m

  • 総アクセス数(9,996)
  • 拍手拍手(0)
  • お気に入りお気に入り(0)

コメント

前を表示

22番~41番を表示

2008年
04月17日
10:56
mouthbirdさん

>savana.riseさん

>Do you know what Ieyasu Tokugawa accomplished before?

なるほど。「昔、何を成し遂げたか知っていますか?」ですね。

聞かれた人が、(最初から)家康を歴史上の人物と認識できるかどうかが焦点ですね、、、



>もし、徳川家康が最近職場に配属された新人だったら、顔を知っているという意味で、

>Do you recognize Ieyasu Tokugawa?

>だとおもいます。写真などを見て、「この人知ってる。」の知っているもknowじゃなくてrecognizeだとおもいます。



おっしゃるとおりだと思います。

なかなか、日本語の「知ってる?」にならないですよね~。簡単そうで難しい!

自分で話題をふっておきながら、かなり難しい問題であることに驚いています。

2008年
04月17日
14:14
さん

23:

Touki のコメント:
Hello, mouthbird-sensei. I didn't know it was strange to say "Do you know Ieyasu Tokugawa?".

But how about this?

Do you know 'about' Ieyasu Tokugawa?



Can I say 'Yes' if I know only his name? I'm not good at history...

Thank you!

2008年
04月17日
22:48
kiwidaisukiさん

そうだったんですか。knowは会った事が無い人に使えないなんて知りませんでした。

まだまだ、理解に悩む事が多いのですが、頭の引き出しにしまっておきます!!

参考になりました^^

2008年
04月17日
23:24
mouthbirdさん

>Toukiさん



Hi!(・∀・)/

>know about

良いご指摘ありがとうございます。上手く行きそうなのですが、誤解を生じかねない表現のようです。

実は know about についてはこの本の中で綺麗に説明されています。(P140)

そのまま写しますのでお読みください。

-------------------------------------

Do you know about Mr.Obuchi? のようなかたちは、その人物に関する噂をばらすときの前置きとして使われるのがふつうです。Have you heard about Mr. Obuchi? も同じで、聞き手はおいしいネタを聞こうと待ち構えることになります。

-------------------------------------



>kiwidaisukiさん

そうなのですよ! know+【人名】 のときに注意なのです。ご参考に!

know は日本人にとって鬼門のようです。ああ、ややこしいw

2008年
04月17日
23:54
さん

26:

StPaul のコメント:
Hi, Mouthbird-sensei and Touki san,



Good morning.

This discussion is very hard for everyone because the senetnce in question is too short.



Twenty English speaking people will get the meaning in twenty ways. Sometimes, we non-native English speakers want to get a native speaker's opionin or comments but only one native speaker's comment is not enough because his or her English is not perfect.

I don't think my mother tongue Japanese is perfect.

Oh, I'm losing my bottom line.



I'm a bit suprised to see Touki san here.



Have a lovely day.



St. Paul


2008年
04月18日
17:59
さん

27:

Touki のコメント:
mouthbird先生、ありがとうございます(^▽^)。

'know about'にはそんな含みがあるんですねぇ。

St.Paulさんがおっしゃっているように、こういう感覚の問題は何人かのネイティブ・スピーカーの意見を聞けるといいですね~。

2008年
04月19日
01:20
mouthbirdさん

>St. Paulさん、Toukiさん

実のところ、何人かのネイティブさんにも確認してもらっているのですが、今のところ苦情?はないですね。

nibulusさんが、元もとの"Do you know Ieyasu Tokugawa? "をネイティブの先生に聞いてくださるようです。レポートを期待して待ちましょう。

2008年
04月19日
01:47
さん

29:

StPaul のコメント:
Hi, mouthbird san,



In the real scenes, I mean in speaking or writing in English about Tokugawa Ieyasu.

We will have no time to think about this

kind of question as you can guess easily.

If one expression does not work, we have to think about another way or expression to deliver our opinion or thought.

We Japanese are famous in the world that we are very silent in the various world conferences in every field.

The reason is simple. We think too much and are afraid of making mistakes or something.



Oh, I have talked too much.



Have a lovely weekend(I like this greeting)



St. Paul

2008年
04月22日
13:24
さん

30:

nibulus のコメント:
ああっ、すみません!ここを読んでいなかった><

日記に検証結果書いてしまいました^^;

・・・結果、イマイチですみません(爆)

マウスバード先生、早速コメントありがとうございましたm(__)m



↓お暇な方はどうぞ♪

http://www.iknow.co.jp/user/nibulus/journal/2008/4/22/39347

2008年
04月22日
14:32
mouthbirdさん

>nibulusさん

いえいえ~nibulusさんのもう1つの検証結果を待っています。

そちらは明らかになったら、もう1回改めて別の日記を書きます。

よろしくお願いいたします。m(_ _)m

2008年
04月23日
08:27
さん

32:

nibulus のコメント:
そう言えば、木曜日の英会話の先生(マウスバード先生とタメ年です♪)に"a-ha"(その昔一世を風靡したミュージシャン←若い方の為にw)って知ってる?って聞いたような気がします。
その時に「Yes」って答えた様な気がします。
面倒臭かったんでしょうかねぇ・・・。

また明日他の人でリベンジします。
「Yes」って答えたら突っ込んでみます♪
もう暫くお待ち下さいw

2008年
04月23日
10:04
mouthbirdさん

>nibulusさん

ふむふむ。めんどくさかったかどうか、はちょっと分からないと思います。

明日の結果の報告を楽しみにしています。

(^^)

2008年
04月24日
04:12
さん

34:

big-apple のコメント:
mouthbirdさん
遅ればせながら、起業おめでとうございます。
アルクのブログに以前カキコミさせていただきました
big-appleです。i-know登録後の初カキコミです。

さて、"know"の話題に乗らせてください。
1ヶ月ほど前に見た三浦事件のニュース。(フジTV)
ジミー佐古田氏の記者会見です。

記 者 :Do you know the gunman?
佐古田: He's not a friend.
(笑)
      I know who he is.

一回しか見れなかったので細かいつなぎの言葉は
抜けているかもしれませんが、
ジミー佐古田氏が、"I know the gunman (him)."
という表現を避けたのはわかりました。
記者は画面に写っていませんでしたが、日本人でしょうね。
英語を確認しようとニュースに注目していましたが、
その後、英文が聞こえる形では再放送されませんでした。

似たような会話は2・3年前に大リーグ中継でも見ました。
(日テレだったような気が)
日本人の女性レポートとイチローの対戦チームの選手です。

レポート:Do you know Ichiro?
選 手 :Ah... I don't know Ichiro.
Of course, I've heard of Ichiro.

記憶をたぐりよせて書いているので、正確ではないと
思います、ofではなくaboutだったかもしれません。
とにかく対戦選手が"I know Ichiro.""I know him."
を避けたのが印象に残っています。

mouthbirdさんの成功をお祈りしていますよ!!






2008年
04月24日
04:33
mouthbirdさん

>big-appleさん

Σ( ̄□ ̄)! おお! 「苦手なり~」によくコメントをいただいくbig-appleさんではないですか!

コメントありがとうございます。こちら(iKnow!)もよろしくお願いいたします。

ふむふむ。これは素晴らしく参考になる情報ですね。

ありがとうございます。m(_ _)m

よろしければ、こちら(iKnow!)の私のブログにもご注目くださいませ~

(^^)♪

2008年
05月02日
09:44
さん

36:

sakana3 のコメント:
遅ればせながら、↓は、ある?ような気がします。

> Do you know who Ieyasu Tokugawa is?

歴史上の人物に使うのはどうか?とは、思いますが、日常会話では聴いたことがあるような、、。私も使うようです。^^;

意味は、「誰か」でなくて、「どんな人物か」という意味になると思います。生きている人間にしか使わないとは思いますが。(だから家康ではやっぱり変という気がしてきました)。
Native に聞いてみていただけるとありがたいです。

2008年
05月02日
12:38
mouthbirdさん

>sakana3さん

どもども~。

こっちにきちんとアドレスを載せていなかったので、申し訳ありませんでした。

ネイティブに聞いた検証結果の日記があります。

ご確認ください。m(_ _)m

http://www.iknow.co.jp/user/mouthbird/journal/2008/4/26/4...

2008年
05月03日
05:45
さん

38:

sakana3 のコメント:
読みました。再逆転があって面白かったです。

私の語感では、(know 人)の場合は、「よく知っている」という感じがします。
ちょっと知り合いくらいなら、I've got a acquaintance with him/her. ですよね。

だから、知識の場合は、Do you have some/any knowledge of Tokugawa Ieyasu ?
が無難なんじゃないでしょうか?

2008年
05月03日
06:22
mouthbirdさん

>sakana3さん

おっしゃるとおり、人の場合「よく知っている」とまずは思ったほうがいいのではないかと思います。ドイツ語の「kennen」が語源なので。

>I've got a acquaintance with him/her.

そうですね。

ただ、誰でも友達にしてしまうアメリカ人ならちょっとした知り合いでも know って言いそうだなあ~wと思いました。 

しかし日本人の私なら同じシチュエーションで、 I've got a acquaintance with him/her. って言ってしまうでしょうね。(^^)

 知識を聞くのであればおっしゃるような表現になるでしょうね。

2008年
06月25日
05:07
さん

40:

y.s. のコメント:
30年程英語から遠ざかっていました。園児レベルからやり直しています。

understandとknowの概念の違いについては中学生の頃から

次のように捉えていました。

understand:(理路整然と、又は確り把握して)理解する。

know:(漠然と又は世間一般通念上)知っている。



しかしながら、どうやら私の概念は間違っていたようです。



もともと、言語の違いを別な言語に完全に置き換えることなど、どれ程

優秀な学者でも絶対にできませんから、どれだけネイティブが受ける感覚の

言葉に近づけるかが、昨今の英会話の意義とされています。



言葉の意味を「正確」に理解するだけではなく、自分が伝えようとする

「意思」をどれだけ正しく伝え、また相手の意思を汲み取れるのかが

語学学習の本義だと、私は思っていますので大変参考になりました。



St. Paulさんの「英語を話せる人も意味の解釈については十人十色であり

ネイティブが話す言葉でさえ完全で十分であるとは言いがたいから…的な

感想も見られるように母国語以外を「体感」できるようになるには、こうした

ニュアンスの違いを身体に刻み込んでいく以外には無いのかもしれません。

若い頃に留学していれば、良かったナァとつくづく思いますね。






2008年
06月25日
13:42
mouthbirdさん

y.sさん

古いログにコメントありがとうございます。

↓こちらもご確認いただいた上のご意見だと思いますが

http://www.iknow.co.jp/user/mouthbird/journal/2008/4/26/4...

なかなか、その言語の(例えば英語の)「動詞」=日本語の「動詞」とならないことが多いですね。

しかも、ネイティブでも意見が異なる場合もあるので、学習者としては混乱してしまいますね。

ただそれでも学習している身としては、学習するわけです。冠詞と同じで「そう簡単には上手く理解できないもの・常に正確に使えるわけではないもの」と思ったほうがいいかもしれない、と思いました。

前を表示

22番~41番を表示