• ようこそゲストさん!

mouthbirdさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2019年
05月06日
20:40 mouthbirdさん

耳・意味タイプの続報(1)

新しいシリーズは「耳・意味タイプの続報」というものにします。
一昨年、私は英語学習において「耳タイプ・意味タイプ」という概念を提唱しました。

マンガで説明「耳タイプ・意味タイプ」↓
http://q-eng.com/diary/20162

活字で説明
http://q-eng.com/diary/19923

 このタイプの差に気が付いて以来、色々考えたこと、感じたことがたまりました。それについての続報的な話をしようと思いました。

今日は最初の1回目です。
まずは、マンガで説明「耳タイプ・意味タイプ」の第1回のマンガをそのまま再掲載します。











 これが端的に耳タイプと意味タイプを表したマンガだと思うのです。

でですね…このマンガを見ていただいて、皆様に1つ聞きたいことがあるのです。
皆様にお伺いします。

 この耳タイプくんと意味タイプくんの2人ですが、傍から見て
 「どちらのほうが英語ができるように見えますか?」


とりあえず、皆様のコメントが欲しいので、今回はここまでにします。
よろしければ、ご意見をいただけますでしょうか?
よろしくお願いいたします。m(_ _)m


金曜日の夜11時からはいつものニコ生英文法講義です。次回は来週の月曜日です。
※母他界の影響で、実際は2週間後の月曜日になりました。

(↓Q-Eng連載分の目次はこちら)
目次ページへ
(アルク連載分の目次はこちら
  • 総アクセス数(288)
  • 拍手拍手(0)
  • お気に入りお気に入り(0)

コメント

1番~2番を表示

2019年
05月28日
23:55
luminさん

お久しぶりでございます。
プライベートがとても大変ななか、
こうして日記をシェアしていただいたり、ご出題もありがとうございます。

できるように「見える」のは、
やはり耳タイプ君でしょうか?
文法めちゃくちゃでも、内容に乏しくても、
それらしい発音や、流暢に聞こえるスピーキングに、私たちの多くは騙されやすいと思います苦笑

2019年
05月29日
10:04
mouthbirdさん

>>1 luminさん
ご無沙汰です。luminさんは耳も意味も両方できる方ですが、それでも耳タイプくんのほうが英語ができるように見えるようですね。ここに今の英語教育が抱えている問題の1つがあるように私は思うのです。
コメントありがとうございました。

1番~2番を表示