• ようこそゲストさん!

mouthbirdさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2019年
02月18日
22:10 mouthbirdさん

5文型の解説(3)

今回は 第2文型(SVC)です。
第2文型(SVC)は基本パターンが3つあります。

1・be動詞 もしくは become が動詞の英文(ただし例外あり)
2・動詞の直後に形容詞が来る文
3・seem to do~
 ・prove to do~

第2文型(SVC)はよく→「S=C」…こんな書かれ方をします。Sは「主語」、Cは「補語」という意味です。
主語の有り様を説明する文体です。
下の2種があります。
・主語(S)は 何だ(C)   日本語例文→「彼女(主語)」は 「学生(C)」だ
・主語(S)は どんなだ(C)  日本語例文→「彼女(主語)」は「美しい(C)」
という感じです。

---
1・be動詞 もしくは become が動詞の英文
 I am a student.(私は学生だ)
 S V   C
この例文なら「私(主語)」は 「学生(C)」だですね。

 第2文型(SVC)の英文のほとんどは be動詞が使われます。

 ただしbe動詞が使われていても、例外で第1文型になるパターンが2つあります。
前回
「2・動詞の直後に前置詞が来る文」で be動詞が使われた場合。
 He is at that building.(彼はあのビルにいる)
 S  V
 
「3・動詞の次に副詞が来る文 b・「ある・いる・行く・来る・留まるタイプ」]で be動詞が使われた場合。
 He is there.(彼はそこにいる)
 S  V

---
2・動詞の直後に形容詞が来る文
 She is beautiful.(彼女は美しい)
  S  V   C
 beautiful は形容詞です。動詞(is)の後に形容詞が来ているので第2文型(SVC)です。ですがこの例文の場合、be動詞が使われているので、上の「1・be動詞 もしくは become が動詞の英文」という基準でも、第2文型(SVC)と判定できます。

別の例文を挙げましょう
 He looks pale.(彼は青白く見える)→(意訳例・彼は顔色が悪い)
  S  V   C
動詞(looks)の後に形容詞pale が来ているので第2文型(SVC)です。

---

3・seem to do~
 ・prove to do~

例文
 He seems to be rich.(彼は金持ちのように思われる)
  S   V    C
 
 Her buisiness proved to be a success.(彼女の商売は成功と判明した)
    S      V      C

この3はピンポイントで覚えましょう。この2つの形は第2文型(SVC)なのです。

=========

以上が第2文型(SVC)の形です。
 金曜日の夜11時からはいつものニコ生英文法講義です。次回は来週の月曜日です。

(↓Q-Eng連載分の目次はこちら)
目次ページへ
(アルク連載分の目次はこちら
  • 総アクセス数(131)
  • 拍手拍手(0)
  • お気に入りお気に入り(0)