• ようこそゲストさん!

mouthbirdさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2018年
07月23日
10:41 mouthbirdさん

「~」の効用(6)

「不定詞」の訳例で、もう1つ「~」が役に立つ例をご紹介します。

(1)I have some friends to help me.
(2)I have some friends to help.

この2つの英文の訳例を作ってみてください。得意な人ならば2つともなんてことはないでしょう。苦手な人でも(1)はなんとかできると思います。問題は(2)なのです。

---

(1)は「私は私を助けてくれる友達が何人かいる」です。良いお友達をお持ちのようです。
   to help me は手前の名詞 some friends を修飾しています。
   「私を助ける⇒友達」
   というような具合です。

さて、問題は(2)のほう。me がないんだから「私を」を取っ払って
(2)は「私は助けてくれる友達が何人かいる」でしょうか? これだと(1)と意味の差がないように見えますね。

実は(2)は(1)と全く違う意味です。

(2)の正しい意味は「私は助けるべき友達が何人かいる」です。
   to help は手前の some friends を修飾しています。
   「助けるべき⇒友達」
   というような具合です。

(1)も(2)も [to 不定詞]が手前の名詞を修飾している、という役割を担っています。これを「to不定詞の形容詞用法」と言います。

ただし表している意味は違います。
(1)は「私を助けてくれる友達」だから→「友達が私を助けてくれる」
   という話。
(2)は「助けるべき友達」だから→「私が友達を助ける」
   という話です。

(2)の判別が、特に英語が苦手な人には難しいのです。


実は、これも「~」が役に立ちます。
help の意味は何でしょう? 「助ける」? 違いますよ。正しくは「~を助ける」です。「~」は目的語でしたね。

(1)は I have some friends to help me. で、「~」の位置に「me」がある。要するに「目的語」がちゃんとある。
(2)は I have some friends to help.「~」の位置になにもない。要するに「なければいけない目的語が」が存在していない。

(2)の場合、help の目的語がないわけですが、実は「to help」が修飾している「some friends」が help の目的語になっているのです。「help some friends」(何人かの友達を助ける) という形がベースになっているのです。


●ルール
 ・to 不定詞 の後に「~」が欠けていて
 ・「~」をto 不定詞が(後ろから)修飾している(形容詞用法)場合
 ・そのto 不定詞の 意味は、原則「べき」になる。

という法則があるのです。
だから
(2)I have some friends to help.は「私は助けるべき友達が何人かいる」と出来上がるのです。

別の例を出しましょう。

I have the thing to do.
この英文の意味を考えましょう

do の後に目的語がありません。そして to do はその後ろの the thing を修飾しています。とすれば、ここの to の意味は「べき」です。
したがって、「私にはするべきことがある」という意味になります。


補足:「~」がない場合でこのような形容詞用法の場合、あくまで原則が「べき」なのです。「べき」という訳語ではなくても素直な訳例になるなら、必ずしも「べき」という訳語を使わなくても構いません。

例:I want something to drink.
原則通りの訳例→「私は飲むべき何かが欲しい」
→別の訳例「私は何か飲み物が欲しい」
 この例なら「べき」なんか使わないほうが良い訳例だと思います。この「べき」になるルールはあくまで「原則」なのです


 金曜日の夜11時からはいつものニコ生英文法講義です。次回は来週の月曜日です。

(↓Q-Eng連載分の目次はこちら)
目次ページへ
(アルク連載分の目次はこちら
  • 総アクセス数(202)
  • 拍手拍手(1)
  • お気に入りお気に入り(0)

コメント

1番~3番を表示

2018年
07月26日
22:54
aki.akiさん

「べき」と訳すのは、目にウロコでした。

不定詞は苦手です。動詞が不定詞をとるのか、-ingをとるのかわからないのです。はい。

2018年
07月27日
22:30
mouthbirdさん

>>1 aki.akiさん
形容詞用法には「べき」があります。どうかすると忘れがちです。しかしこれも「~」の効用で見抜くことができます。今後は見抜けるようになれるといいですね。
他動詞が ~ing と取るか、to do を取るかはまた別の問題です。これはこれで逐一覚えなければならない厄介なものですねー。><

2018年
07月29日
19:55
aki.akiさん

>>2 mouthbirdさん
レスありがとうございます。

to do と、-ingのどちらを取るかは、覚えるしかないのですか・・。いっぱい英文に触れて、頑張らねば・・と、思います。はい。

1番~3番を表示