• ようこそゲストさん!

mouthbirdさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2018年
02月27日
18:07 mouthbirdさん

未来の表現(2)

更新予定が1日延びてしまいました。申し訳ありません。


未来の表現は前回5種類あると説明しました。
(1)will+動詞の原形
(2)be(am, are, is) going to + 動詞の原形
(3)be (am, are, is)~ing (要するに現在進行形)
(4)現在形
(5)be(am, are, is)to + 動詞の原形
この5つです。

今回は
(1)will+動詞の原形
について述べます。


例文を挙げましょう。
<1>予定のwill
Taro:Can you play the game with me sometime today?
  (あのゲームを今日のどっかで一緒に遊べない?)
Jiro:Sure. I'll do it after lunch.
  (いいね。昼飯終わったらやろう)

 このケースでは I'll のように will を使います。
 このケースでは、例えば、I am going to do it after lunch.のように be going to +動詞の原形では表現できません。

実は will は「この場で予定を決めた場合」に使うのです。
太郎に「今日のどっかで一緒に遊べない?」と聞かれて、その場で「うん、やろう!」と返事をしています。こういう場合、will がふさわしいのです。この場合通常、主語は「I」しかありえません。「予定」の表現です。自分の予定を「その場」で決めた場合、will を使います。


<2>予測のwill
(状況)ジャイアンツとタイガーズが野球で戦っています。9回裏に入ったところで3対1でジャイアンツが勝っているとします。
この場合
Saburo:Giants will win.
と、will を使うのが適当です。

これは、自分の話ではなくジャイアンツのことですね。となれば「予定」ではなく、「予測」ですね。「ジャイアンツが勝ちそうだ」と予測しているわけです。

9回裏で3対1なら、ほぼほぼジャイアンツが勝つでしょう。でも、2点差です。2点差ぐらいならば同点、どうかすればタイガーズが逆転サヨナラで勝つかもしれません。このくらいならば
 Giants is going to win. とは言いにくいです。
 予測のwill の場合【そこまでの確実性】を要求しません。2点差ぐらいならまだ逆転の可能性もあるため will のほうが適当です。ただし自分の中では「ジャイアンツが勝つ」という予測には自信があります。こういう場合は will を使います。


 実はそうではない場合、be going to +原形 を使うのです。それについては来週の月曜日にやりましょう。

 金曜日の夜11時からはいつものニコ生英文法講義。この続きは来週の月曜日です。

(↓目次はこちら)
目次ページへ
  • 総アクセス数(285)
  • 拍手拍手(0)
  • お気に入りお気に入り(0)

コメント

1番~2番を表示

2018年
03月01日
11:34
neginohanaさん

Taro:Can you play the game with me sometime today?
  (あのゲームを今日のどっかで一緒に遊べない?)
Jiro:Sure. I'll do it after lunch.
  (いいね。昼飯終わったらやろう)

この場合、Jiro は Let's do it after lunch. っていう方が自然だと思いますけどね・・・
(^^)

2018年
03月01日
20:36
mouthbirdさん

>>1 neginohanaさん
あ、確かに。ただこれはwillの説明なので。すみません。(;´д`)

1番~2番を表示