• ようこそゲストさん!

mouthbirdさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2018年
02月22日
09:02 mouthbirdさん

不定詞の…(解答編)

smart.fm で更新してきた、旧チャンネルブログの文法問題をお届けします。
今週は解答編です。

ごめんなさい。更新が1日ずれてしまいました><

今回は不定詞関連の問題でした。チャレンジしてくださった方ありがとうございました。
それでは解答と解説です。

------------

問題:次の日本語の意味になる英文になるように、選択肢の正しいほうを選びなさい。

A・ジョンは有罪だそうだ。
John is said to(1be 2have been)guilty.

正解:1be

解説:「有罪」である時期と、「(言われている)そうだ」の時期がポイント。
現在「有罪」で、現在「(有罪だ)と言われている」のはず。
 このように、両方とも同じ時間(今回は「現在」と「現在」)場合
  ⇒to 不定詞の部分はそのまま「to +動詞の原形」
 になります。したがって、正解は be になります。

---

B・彼はブラジルで財産を作ったそうだ。
He is said to(1make 2have made) a fortune in Brazil.

正解:2have made

解説:「財産を作った」である時期と、「(言われている)そうだ」の時期がポイント。
過去に「財産を作った」、そして、現在「(財産を作った)と言われている」のはず。
 このように、述語動詞(is)よりも前の時期に(財産を作った)となっている場合、時期にずれが生じますね。
 こういう場合、不定詞のほうを
  ⇒to have 過去分詞
 にします。したがって、正解は have made になります。

こういう「to have 過去分詞」を「完了不定詞」と言います。

----

C・彼女は若いころは貧しかったということだった。
She was said to(1be 2have been)poor when young.

正解:2have been

解説:「貧しかった」時期と、「(言われて)いた」の時期がポイント。
過去に「貧しかった」、そしてで、過去に「(貧しかった)と言われていた」のはず。
 両方とも「過去」「過去」ですが、よく考えると、
  貧しかったほうが、「言われていた」よりもさらに「過去」の話ですね。時期ずれが生じているのです。

 こういう場合、不定詞のほうを
  ⇒to have 過去分詞
 にします。したがって、正解は have been になります。

===========

このように「述語動詞」の時制に差が出る場合、述語動詞より1つ昔の話をto 不定詞で表現したいならば⇒to have 過去分詞 という形にするというルールがあるのです。

2のように、述語動詞が is のように「現在形」ならば、to have 過去分詞のほうは「過去」です。
3のように、述語動詞が was のように「過去形」ならば、to have 過去分詞のほうは「過去よりさらにさかのぼった過去」を示します。

=====================================
述語動詞の1つ前の時制の不定詞が to have 過去分詞 になります。
・述語動詞が現在形ならば、to have 過去分詞は 過去 ですが
・述語動詞が過去形ならば、to have 過去分詞は 過去よりさらに前の過去 です。
=====================================

上手く使い分けできるようになれればと思います。

いかがだったでしょうか? それではまた来週~♪

問題編
http://q-eng.com/diary/21185

  • 総アクセス数(307)
  • 拍手拍手(0)
  • お気に入りお気に入り(0)