• ようこそゲストさん!

KOBAさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2017年
08月22日
23:53 KOBAさん

スリランカ

ずっと行きたかったスリランカですが、以前の内戦で旅行をキャンセルして以来、やっと訪れることが出来ました。
仏教遺跡は期待通りで、現地の方も過剰なまでに親日的で、とても良い国だと思いました。また行くと思います。
なんだろう?丁度いい。
  • 総アクセス数(3,951)
  • 拍手拍手(1)
  • お気に入りお気に入り(0)

コメント

前を表示

171番~190番を表示

2019年
01月28日
22:25
KOBAさん

171: KOBAさん

mammiさん hidachanさん
私もムキムキの胸に「mammiさん hidachanさん ついでにmicさん 命!」のタトゥーが入ってしまっており引かれても困るので、ここでのサービスショットの披露は一応遠慮しときましょう。
スリランカは多分女性が一人旅しても安全な国だとは思うのですが、(日本製高品質AVのせいで)日本人女性はちょろいと勘違いしているアジア系外国人は多いので、正直言って絶対安全かというと保証は出来ません。
サディさんとはこの後意気投合して、肩を組んでゲラゲラ笑いながら、ゲストハウスまで送ってもらいましたが、お互い女好きで趣味が一致していたので、残念ながら、これ以上のラブロマンスはありませんでした。

続きます。

宴は終わり、翌日早朝、ヌワラ・エリヤへ向かうバスに乗る。バスターミナルにサディさんがいれば挨拶したかったが、居なかった。昨晩相当飲んだのでまだ寝ているのかもしれない。

ヌワラ・エリヤは山頂の高地にあり、うねうねとした上り坂を登るバスに揺られていると、何やらこの国への思い(または吐き気)がこみ上げてくるものがある。
スリランカのローカルバスは人々の生活の生命線なので、基本的にどこでも客を拾うし、どこでも降ろす。そんなこんなで、4時間近くバスに揺られてヘロヘロになりながらヌワラ・エリヤへ到着。次はスリランカ第二の都市キャンディに向かうことにした。

2019年
01月29日
22:42
mammiさん

サディさんにお世話になったのに挨拶もなしなんて!
残りの旅に連れていってほしかった(≧∇≦)

今日会社の男性が今スリランカに行きたいんです、とホットな話題を振ってきたので、師匠の話をしてみようと思ったけど、会ったことのない知り合いが~と話すのも微妙で困った(´Д`)

2019年
01月30日
20:58
hidachanさん

>>172 mammiさん
わかる~
自分の事じゃないから、どう話していいか困るよね。


>>171 KOBAさん
というわけで、他人にも話せる話題も提供して下さい。

きっと「冷え症」とかって彫ってあって、外人に「日本語でCOOLって意味なんだぜ!」
とかって、外国人を落とすために使っていると見た。

2019年
01月30日
22:16
KOBAさん

174: KOBAさん

mammiさん
サディさんもウェラワヤでの仕事があるので、きびだんごあげても、旅のお供に連れていくとこなんて出来ないですよ。犬じゃなし。
何とホットな!やはり、スリランカブームが密かに来てますね♪「私の知り合いがスリランカ好きで~」でも良いじゃないですか。私も2回行っただけですが、会社の男性がウェラワヤでコワモテ中年に囲まれてアラックを飲み明かしたいというのであれば、多少のアドバイスはできますよ。

hidachanさん
前回はキャンディから文化三角地帯(スリランカの見どころ)へ行ったので、メジャーな話題もあったのですが、今回はそこをあえて外しているので、あまりポピュラーな話題が無くてすいません。ただ、カタラガマやウェラワヤなんて日本人はほぼ行かないので、それはそれでスリランカマニアな人と話すには良い話題だとは思います。

続きます。

長距離のバス移動が続いたので、キャンディに長めに滞在して休憩することにした。
キャンディは二度目だが、前回スリランカで一番気に入った都市であり、それは今回も変わらない。キャンディの良さは一言で言えば「ちょうどいい」。コロンボ程騒がしくも無く、田舎の街ほど不便でも無い。大きな湖を中心に発展した街は過ごしやすく適度に便利だ。

2019年
01月30日
22:19
KOBAさん

175: KOBAさん

湖の畔には恐竜っぽいミズトカゲがいるし

2019年
01月30日
22:23
KOBAさん

176: KOBAさん

見たことも無いトリのオスがメスの上に乗っかっちゃっていたりする。
自然の濃さがキャンディの魅力のひとつではある。

2019年
01月31日
23:19
mammiさん

知り合いがスリランカ好きで~と言った後に根掘り葉掘り聞かれても困るしなぁ(´Д`)

ミズトカゲの後ろ姿が可愛い♪ナデナデサワサワした?(≧∇≦)

2019年
02月02日
19:54
hidachanさん

>>177 mammiさん

>根掘り葉掘り聞かれても
そうだね。それはぜひやめておこう(笑)

ミズトカゲ…いやーっ触っちゃダメ。きゃーいやー。

2019年
02月02日
21:36
KOBAさん

179: KOBAさん

mammiさん hidachanさん

ミズトカゲは確かに可愛いのですが、コモドオオトカゲなんかは口の中の雑菌と毒で獲物を捕らえるらしいので、こいつも多分ヤバいものを沢山持ってます。まぁ、触ろうとしても逃げるので無理ですが。

そろそろ終わりになります。

キャンディで予約していたホテルに行くが、シャッターが閉まっていて入れない。
近くで家の工事をしていた人に相談すると、ホテルのオーナーと知り合いらしく、電話をかけてくれたが、電話にも出ないとのこと。しかたがないので、諦めてその場で他のホテルを予約して移動することにした。(Agodaのアプリは便利!)しばらくして、ホテルのオーナーから「ごめん、その時間に居なかったよ。今どこに居る?」というメールがきたが、既に他のホテルにチャックインしていたので、無視。同じ被害者が出ない様にAgodaの評価をきっちり下げておく。っていうか宿泊客私一人かよっ!前回スリランカに来た時も初日に予約したホテルの部屋がなくて深夜に空いているホテルを探したこともあり、スリランカのホテル予約は割りとルーズな様で注意が必要かしれない。

2019年
02月02日
22:03
KOBAさん

180: KOBAさん

キャンディの仏歯寺は前回行ったのでスルーして、街中をぶらぶらして過ごす。
やはりキャンディくらいまで戻ると、欧米人や日本人の旅行者を多く見かける。
本当はスリランカを海岸沿いに一周したかったのだけれど、そんなのは無理だと早い段階で思い知らされた。鉄道もバスもコロンボを中心に放射状に広がっており、そのネットワークをはずれるとバスは一日数便、旅行者が泊まれるまともなホテルは無いなんて場所も平気であるからだ。あと、スリランカのビーチが意外に居心地が良くて、つい長居して移動の日数が足りなくなったというのも正直ある。
今回はスリランカの南側を三分の一周したくらいだけれども、次回は北のジャフナなんかも行ってみたい。私にとって、旅行する程にまた来たくなる国というのも珍しく貴重だ。

2019年
02月02日
23:17
mammiさん

ホテルに泊まれないなら野宿すればよかったのに~

師匠がまた訪れたい国でも、旅行記で満足したので春休みの旅をスリランカ以外の国で探してみます♪

2019年
02月03日
22:50
KOBAさん

182: KOBAさん

:mammiさん
確かに、私の書いてる内容ではスリランカの魅力を全く伝えられてない自覚が・・・。むしろネガティブキャンペーンか!でも!ですよ。かの有名なロンリープラネット様も2019年に行くべき国はスリランカだとおっしゃってるのです。
https://do-cca.com/2018/11/15/sri-lanka-01/
:mammiさんの職場の男性もスリランカ行かれる様ですし、今が旬です。旅行先って数年経つとガラッと変わってしまって行ってみると観光地化されてガッカリなんて事はよくあるので、スリランカ行くなら今でしょ!と叫びたい勝手にスリランカ観光大使のKOBAでした。

次で終わります。

長距離バスは乗りきたので、キャンディからコロンボへは鉄道で移動することにした。
2等の座席が取れたので、バスよりも快適に移動することが出来た。

2019年
02月03日
22:57
KOBAさん

183: KOBAさん

コロンボの街はそれ程見どころはないのだけれど、新しい建物と古い寺院が混在していたりして、人と車の多さを除けば街歩きも楽しめないこともない。

2019年
02月03日
23:15
KOBAさん

184: KOBAさん

ホテルの屋上からコロンボの街並みを眺めて、今回の旅行は終了。
1都市に最低2泊するルールを自分に課していたので、移動ばかりだったけれど多少はそれぞれの街の違いというのが分かった気がする。スリランカの人は親日的で、こちらが日本人だとわかると「Japan is good country.」といってくれる。子供達は道で会うたびに「Hello!Hello!」と挨拶してくれるし、おじさん達はなんだかんだで、一緒にアラックを飲んでくれる。
人にやさしく争わない、旅行者にも気を遣うところ等は同じ島国の日本人と似ている。
この国が変わらない限りまた行くと思う。今回行けなかった北部の方も周らなきゃなきゃいけないし。

おわり。

2019年
02月03日
23:16
mammiさん

いえ、たくさんの寺院が見られたし魅力はとても伝わって旅行した気分になれたのでお腹一杯です♪

それに子供も同行するのでコテコテの観光地でオッケーです。
子供が象に乗りたいと言うので春休みはバンコクとアユタヤに行くことにしました( ´∀`)

2019年
02月03日
23:40
KOBAさん

186: KOBAさん

私は象に乗ったことはないのですが、アユタヤは自転車で周るのが好きです。
レンタルバイクや(客引きのしつこい)トゥクトゥクの方が効率的に回れるのかもしれませんが、ひとつひとつの遺跡をちゃんと見ようとしたら、自転車のスピードが合ってる気がします。
象で遺跡巡りするのも素敵ですね(出来るのかな?)。溶樹に散りこまれた仏像の頭は必見ですね。それでは良い春休みを!

2019年
02月05日
22:49
hidachanさん

え?おわちゃったの??
これからかと思ってワクワクしてたのに~

>溶樹に散りこまれた仏像の
これの解説は??

>それでは良い春休みを
さてはまたドロンする気だな?

2019年
02月11日
23:43
mammiさん

本当だよまだ続くんじゃないの?

hidaちゃん
溶樹の仏像はタイのアユタヤだよ。
見てくるね♪

象の乗って観光するなら日数が足りないなぁ
自転車いいね!でも母連れて行くので微妙…
チェンマイも行くことにしたからハードスケジュール(´Д`)

2019年
02月16日
20:17
KOBAさん

189: KOBAさん

「散りこまれた→取り込まれた」でした。失礼しました。
溶樹の仏像は何度見ても良いので、ラピュタ好きの私にとってのアユタヤの必見スポットですね。自然に文明が取り込まれるといいうのがタマランチな変態です。
スリランカ旅行は本当に楽しかったんですが、記憶頼りの旅行記もこれ以上続けるのは無理なので、またの機会にお会い出来ればと思います。それではまた~♪

2019年
02月17日
22:32
mammiさん

アユタヤもチェンマイもタマランチになりそう
あとトラを抱っこできるシーラチャタイガーズーも行くことにしました。
師匠と同じくらい変態になりそうです。

ドロンは短めでお願いします猫2

前を表示

171番~190番を表示