• ようこそゲストさん!

mouthbirdさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2015年
05月27日
14:10 mouthbirdさん

with+α、of+α(解答編)

smart.fm で更新してきた、旧チャンネルブログの文法問題をお届けします。
今週は解答編です

======================================
●アプリ情報:テストバージョン 3.01と3.02

今後の予定(作成順)
単語の充実
======================================


前回の問題に参加してくださった皆様、ありがとうございました。

今回の問題は↓この2つの知識を尋ねる問題でした。

・「with+抽象名詞」=副詞
・「of+抽象名詞」=形容詞

まず「抽象名詞」ってなんじゃらほい? って感じなのでそれをまず説明しましょう。

抽象名詞とは、物事の性質や状態を表す名詞です。少なくとも目には見えませんし、触ることもできません。

例えば
 book「本」 … これは目で見えますし、触ることもできます。
でも
 happiness「幸福」 …幸福そのものは見えないでしょう(幸福そうな風景は見ることはあるでしょうが)。また幸福に触ることはできないでしょう。こんなような名詞を「抽象名詞」と呼びます。
 
で!

・「with+抽象名詞」=副詞
・「of+抽象名詞」=形容詞

というふうに考えると上手い訳例になることがあるのです。

では問題の解答と解説に参ります。


問題
・次の英文は単語的にはそんなに難しくないはずである。分からなければ辞書をガシガシ使っても構わないので、これらの英文の和訳例を作りなさい。

(1)He did it with ease.

解答例
 彼は簡単にそれをした。

解説
 with+ease が「with+抽象名詞」になっています。ease を辞書で調べましょう。すると「名詞」で意味は「容易さ、たやすさ、気楽さ」などと書いてあるはずです。物事の性質や状態を表す名詞ですよね。したがって ease は抽象名詞なのです。
 では ease の隣近所をさがして「似たような意味の【副詞】」を見つけて下さい。すると easily「容易に、楽に、簡単に」という単語がみつかるはずです。これは副詞。つまり
 with ease = easily(容易に、楽に、簡単に)
という具合になります。

したがって
 He did it with ease.
の和訳例の1つは
 彼は簡単にそれをした。
となります。

--------------

(2)He did it with care.

解答例
 彼は注意深くそれをした。

解説
 with+care が「with+抽象名詞」になっています。care を辞書で調べましょう。withは前置詞ですから、今回の care は「名詞」ですよ。「名詞」の care の意味は「世話、注意、心配」などと書いてあるはずです。物事の性質や状態を表す名詞ですよね。したがって care は抽象名詞なのです。
 では care の隣近所をさがして「似たような意味の【副詞】」を見つけて下さい。すると carefully「注意深く」という単語がみつかるはずです。これは副詞。つまり
 with care = carefully(注意深く)
という具合になります。

したがって
 He did it with care.
の和訳例の1つは
 彼は注意深くそれをした。
となります。

--------------

(3)The information is of importance.

解答例
 その情報は重要だ

解説
 of+importance が「of+抽象名詞」になっています。importance を辞書で調べましょう。of は前置詞ですから、今回の importance は「名詞」ですよ。「名詞」の importance の意味は「重要性」などと書いてあるはずです。物事の性質や状態を表す名詞ですよね。したがって importance は抽象名詞なのです。
 では importance の隣近所をさがして「似たような意味の【形容詞】」を見つけて下さい。すると important「重要な、大切な」という単語がみつかるはずです。これは形容詞。つまり
 of importance = important(重要な、大切な)
という具合になります。

したがって
 The information is of importance.
の和訳例の1つは
 その情報は重要だ。
となります。

--------------

(4)The book is of great use.

解答例
 その本は非常に役に立つ

解説
 今度は of great use です。もし of use ならば「of+use」が「of+抽象名詞」…と説明出来ました。use の名詞は「使用、使用法」という意味で抽象名詞だからです。ただ実は of great use も「of+抽象名詞」の仲間なのです。use の手前に great という「形容詞」が入っただけなのです。
 great use で「greatな使用法」という意味なわけです。great は use の意味を強めただけなのです。

もし of use だけなら、=形容詞 …だから「useful(役に立つ)」という意味です。これを強めると「非常に役に立つ」と言った意味になるわけです。

したがって
 The book is of great use.
の和訳例の1つは
 その本は非常に役に立つ。
となります。

ちなみに of great use = very useful といった具合になります。

--------------

(5)The book is of no use.

解答例
 その本は全く役に立たない

解説
 今度は of no use です。もし of use ならば「of+use」が「of+抽象名詞」…と説明出来ました。use の名詞は「使用、使用法」という意味で抽象名詞だからです。ただ実は of no use も「of+抽象名詞」の仲間なのです。use の手前に no という「形容詞」が入っただけなのです。
 no use で「noな使用法」という意味なわけです。no は use の意味を完全に否定したわけです。

もし of use だけなら、=形容詞 …だから「useful(役に立つ)」という意味です。これを否定すると「全く役に立たない」と言った意味になるわけです。

したがって
 The book is of no use.
の和訳例の1つは
 その本は全く役に立たない。
となります。

ちなみに of no use = useless といった具合になります。たまたま「役に立たない」という意味の useless という形容詞が存在しているので。

=======================

以上になります。簡単な単語でも、多くの日本人には意味が取りづらいような場合があると思います。
いかがだったでしょうか? それではまた来週!

問題編
http://q-eng.com/diary/17572
  • 総アクセス数(2,582)
  • 拍手拍手(1)
  • お気に入りお気に入り(0)

コメント

1番~4番を表示

2015年
05月27日
20:59
ken14さん

今週もありがとうございました。

 今回はそれほど悩みませんでした。

では次回の問題をお待ちしています。

2015年
05月28日
11:52
mouthbirdさん

>>1 ken14さん
それほど悩まなかったとは!
素晴らしい! 着実に英語力が上がっていますね!
来週もどうかよろしくお願いいたします。

2015年
05月29日
14:45
atepekoさん

答えを書き込んですぐに答え合わせしてみました。

(3)は、重要事項です。としてしまったので、×。もしかすると△ぐらいもらえるかな。
(4)は、great を訳し忘れたので×。
(5)は、of no use =全く役に立たない となるのですね。
私の和訳「この本は役に立たない」なら、This book isn't of use. なのかな。

with+抽象名詞、of+抽象名詞という考え方は思い及ばなかったです。
with+物という表現はよく耳にしていました。
とても為になる問題でした。(It is of great use!)ありがとうございました。

2015年
05月31日
09:59
mouthbirdさん

>>3 atepekoさん
(3)は問題の意図が「形容詞にする」というものなので、○にはなりません。ただ意図は汲みとってますから△ですかね。
「of +抽象名詞」のほうが私は馴染みがありますね。よく見かけますよ。
またよろしくお願い致します。

1番~4番を表示