• ようこそゲストさん!

mouthbirdさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2020年
12月21日
14:48 mouthbirdさん

雑談:イチローが打てなくなった理由

英語嫌い劇場は2カ月ぐらいお休みします。
その間は雑談回にします。

英語のネタでもいいのですが、雑談なのでできるだけ英語以外のネタにします。
野球ネタが多くなると思います。


イチロー選手が引退して久しくなりますが、最晩年のイチローはヒットが打てなくなっていました。

そのイチローを、野球解説者の落合博満氏がこう語っていました。



・「イチローが打てなくなった理由は、イチローの動きが小さくなったからだ」
 「スイングの開始から球を捉えるまで、コンマ何秒。体を動かす時間を長くすればよかった。(始動を早くすればよかった)」

・「効率よくミートしようとして、逆に体を動かす範囲を狭めてしまった(体を動かす時間を短く、動きを小さくしてしまった)」

・自分ではしっかりミートしているつもりだが、ふり幅が小さく遊びの部分もないから上手く打ち返せない」


 これを見て、自分自身の行動を考えました。

・今のわしは始動が遅いのではないか?
・わしは効率よく動こうとして、あまり長く動こうとしていないのではないか?
・遊びの部分がないから、上手く行動できないのではないか?


 そう思った私は、最近早起きです。【一日の始動を早くした】のです。
 ⇒そしたら、やっと色々行動できるようになりました。
 早起きを守るだけでも随分生活リズムが改善しました。

わしは野球に学ぶことが多いのです。
 次回も雑談。次回の雑談も2週間後の月曜日の予定です。次回の雑談は来年です。

(↓Q-Eng連載分の目次はこちら)
http://www.ye-study.com/page_for_blog
  • 総アクセス数(211)
  • 拍手拍手(0)
  • お気に入りお気に入り(0)

コメント

1番~2番を表示

2020年
12月22日
04:11
blauer Himmelさん

私はイチローが打てなくなったのは 「動体視力の衰え」だと考えています。

落合氏は、細かいことを言っていますが、イチローは和歌山の高校生に対しての指導で高校生の投げる140キロ前後の 球速では、ホームランをたくさん打っていました。

メジャーの選手の投げる球速は140キロ前後ですが、これに変化球を投げる点が、今回jの高校生の打ってもらう投球(速力)とに違いがあるのです。(速力を速度 ベクトル で表現するのがいいと思いますが)

先生の 朝早く起きて云々は気持ちの持ち方が違っため ではないでしょうか。

動体視力は年とともに落ちますが、生活習慣はそう変わるわけではない(本人の意志次第)

ダイエットと同じ。リバウンドしないように 頑張って欲しいと思っています。

2020年
12月22日
17:30
mouthbirdさん

>>1 blauer Himmelさん
40台まで活躍した多くの大打者たちは、歳をとると動体視力の衰えると言っています。
だから理由の1つなのは間違いないでしょうね。

1番~2番を表示