• ようこそゲストさん!

mouthbirdさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2019年
11月04日
22:00 mouthbirdさん

なぜおまえはそんなに英語ができないんだ?(6)

大学時代の終わりごろの結論2:多くの英語の先生が生徒に文法の重要性を説くケースが少ないため。

前回の結論↓

 英語が得意な人は、文章を丸ごと覚える能力に長けているんだ!
 →覚えている例文をデータにしているから、文法がそれほどいらないんだ!

 英語が苦手な人は、文章を丸ごと覚える能力に長けているんだ!
 →例文データが頭に入らないから、文法で単語を繋げ合わせる方法が必要なんだ!

 ↑これを踏まえた話です。

普通英語の先生になる人はどういう人かを考えてみましょう。
英語が得意な人ですね。いや、ちょっと酷い言い方をすると、「英語しかできない人」が普通英語の先生になるのではないでしょうか? 例えば、英語も数学もできる人なら、職業として「英語教師」を選ぶでしょうか? まったくいないわけではないでしょうが、限りなく少ないでしょう。


つまり英語教師のほとんどは
 →覚えている例文をデータにしているから、文法がそれほどいらない
 という人(=例文派)ばかりになっている。

したがって、
→多くの英語の先生が生徒に文法の重要性を説くケースが少ない
という具合になっていると思うのです。

よって
 →「英語が苦手な生徒さんに必要な文法」を教わりにくい土壌が成立してしまった
 のだと思います。


 ※次回はちょっと派生的な話をします。

 例文派の多くは、文法を嫌がるのです。なぜ彼らは文法を嫌がるのか、私はある程度は分かっていたつもりでした。しかし最近になって別の理由もあることを私は知りました。最近になって私が知り得たことも踏まえて、次回は「なぜ例文派の多くは文法を嫌うのか?」について書こうと思います。


 金曜日の夜11時からはいつものニコ生英文法講義です。この続きは来週の月曜日です。

(↓Q-Eng連載分の目次はこちら)
目次ページへ
(アルク連載分の目次はこちら
  • 総アクセス数(67)
  • 拍手拍手(0)
  • お気に入りお気に入り(0)