• ようこそゲストさん!

mouthbirdさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2020年
11月11日
13:45 mouthbirdさん

難しい関係詞問題(解答編)

smart.fm で更新してきた、旧チャンネルブログの文法問題をお届けします。
今週は解答編です。

ご回答くださった方、ありがとうございました。では前週の問題の解答と解説に参ります。


問題:適切な英文になるように空欄に語(句)を入れる場合、最も適切なものを選択肢から1つ選びなさい。

Soon we came to a hill at the foot(   )stood a deserted factory.
1.in which 2.of which 3.which 4.whose


解答: 2.of which

解説

難問である。いくつか手掛かりはあるが、一番わかりやすいのは stood の主語を探すことである。
stood の主語は a hill や the foot のはずがない。
 a hill が主語なら丘が立ってたことになるし
 the hoot が主語なら 足(or ふもと)が立ってたことになるからである。

stood(stand) は他動詞もあるが、基本は自動詞である。
今回の stood が仮に他動詞だとしたら
 stood a deserted factory.←この意味は「打ち捨てられた工場を立たせた」…みたいな意味になってしまう。これはおかしい。

立っていたのは「打ち捨てられた工場」のはず。つまり stood の主語は a deserted factory のはず。
つまりこの英文は stood と a deserted factory の位置が逆だった。倒置されていたのだった。
 倒置されていない位置に直せば
  A deserted factory stood (打ち捨てられた工場が立っていた)
 となる

じゃあ、この工場はどこに立っていたのか?
→A deserted factory stood at the foot(of a hill)
  ⇒(打ち捨てられた工場はある丘のふもとに立っていた)
となるはずである。

したがってこの of a hill を of which と受けるのである。

(しばらくして我々は、ふもとに打ち捨てられた工場が立っている丘にやってきた。)

==============================

いかがだったでしょうか? ちなみに of which は実は所有格の仲間なのです。所有格の関係代名詞の後は、倒置は比較的起きやすいのです。

それではまた来週~

問題編
http://q-eng.com/diary/22450

出典
  • 総アクセス数(128)
  • 拍手拍手(0)
  • お気に入りお気に入り(0)