• ようこそゲストさん!

コピットさんの日記

(SNS全体・外部に公開(Web全体に公開))

2018年
06月10日
06:21 コピットさん

英会話教室ダイアリー

J先生は日本人女性と結婚し、住んでいたアパートを出て最近彼女の実家に引っ越した。
彼女のご両親と一つ屋根のした、食事も共にしているそう。

先日の英会話ではカルチャーショックがテーマだった。

一通りレッスンがすんだ後で、J先生がつい最近驚いた出来事を話してくれた。

新車を買ったそうなんです。しばらくして雨の日に泥ハネがたくさん車の後部についたのを見て、奥さんは気づきました。マッドガードが付いていないことに。向こうの落ち度です。
二人でダイハツに行って、説明するとすぐに部品を取り寄せることになり1週間後取り付けることにきまったそう。
その日が来て、待ってる間に代車を出してもらって買い物に行ったそう。

ここまでのところ、私たち日本人は何も違和感がないですよね、ごく普通のこと。

でもJ先生はいたく感動して、さすが日本は素晴らしいと思ったそう。アメリカだと、ありえない話。ケンカになる。 本当に付いていなかったのか、証明せずに保証してくれるなんてありえない。付いてたのに自分で取り外したんじゃないかって言われるに決まってるからケンカになる。そう簡単にはことが運ばない。その点、日本人はすぐに信用して対処してくれて 代車までタダで貸してくれて、、、おおありがたや、ありがたや、、超ラッキーと大喜びだった、、、のはJ先生だけだった。

奥さんが不満そうなのでどうした?と聞いたら、「店員の態度が気に入らない。謝罪しなかった。」って。J先生はそんなの気にならないし、むしろ好印象だったと思ったって。アメリカではお互いが引かないから負けずにガンガンいかないと、ほぼケンカ腰になるから、大変なんだって。

そう説明すると、まだ奥さんは、マッドガードがなかったから車に傷がたくさん付いたから、傷も直してほしかった。洗車もしてくれていない」とまだ怒りが収まらないようす。

そして夕食の時、奥さんが両親にその話をすると、その反応は奥さんとまったく同じで二人とも怒ったそう。

J 先生はその様子を見てマジで?と思いながらも
ハッピーな気持ちは薄れていき、自分がまだまだ日本人の気持ちを理解できていないと、少し反省というか、少し場違いな気持ちがしたみたいです。

Oh, oh, okay...I learned.. 気をつけようと思ったそうです。
  • 総アクセス数(57)
  • 拍手拍手(0)
  • お気に入りお気に入り(0)

コメント

1番~2番を表示

2018年
06月10日
23:33
 Blauer Himmelさん

台車? 誤らなかった。?

2018年
06月10日
23:50
コピットさん

>>1 Blauer Himmelさん
訂正しました。
Thanks for pointing out my mistakes.

1番~2番を表示